世界の避妊方法

日本ではコンドームを使用しての避妊方法が一般的ですが、アメリカやフランスなどでは避妊薬を使用した避妊方法が一般的なのだそうです。なぜ、避妊薬は日本で普及しないのでしょうか?

世界の避妊方法

世界の避妊方法にはどのようなものがあるの?

独身の女性はもちろん、既婚者の女性も妊娠を望まない場合は、きちんと避妊を行う必要があります。
人工妊娠中絶は女性の心身に大きなダメージを与えてしまいますし、ある程度の費用も必要になってしまいます。
日本ではコンドームを使った避妊法がポピュラーになっていますが、ヨーロッパ諸国などではピルの服用が一般的になっています。
アメリカでは、子宮内避妊器具のIUDを装着している人も多く、女性の不妊手術も一般的に行われています。
コンドームは装着をする時に破損をしてしまう場合があるので、避妊に失敗をすることも多いため、日本でも低用量ピルや中用量ピルを服用する女性が増えています。
ピルは正しく服用をすると、ほぼ100パーセントの高い確率で避妊ができますが、飲み忘れをすると避妊効果がなくなってしまうので、注意をする必要があります。
日本ではIUDやペッサリー、フィルムなどを使った避妊法を行っている人も増えています。
男性は、パイプカットがありますが、一度行うと元に戻せないというデメリットもあるので、慎重に行う必要があります。
普段の生活では基礎体温を測定することで、排卵日が特定しやすくなりますし、生理周期が把握できるようになります。
子宮内避妊器具のIUDを装着したり、ピルを服用することで、子宮に受精卵を着床するのを防ぐことができます。
数多くの方法があるので、なるべく体に負担が少なく、副作用の少ない方法を選ぶことが大事です。
若い年代の人は正しい知識を身に付けることで、望まない妊娠を避けることができるので、男性任せにしないことも大事です。
排卵日の前後は性行為を控えるようにしたり、失敗率の少ない方法を取ることが大事です。
■通販で購入可能な避妊薬