日本ではコンドームを使用しての避妊方法が一般的ですが、アメリカやフランスなどでは避妊薬を使用した避妊方法が一般的なのだそうです。なぜ、避妊薬は日本で普及しないのでしょうか?

世界の避妊方法

月経異常度が高い女性は個人輸入で経口避妊薬を試す

女性には、毎月生理というものがありますが、この生理には非常に個人差があり、中には生理期間中や生理が始まる前など、身体の不調に悩まされている方も多く、日常生活に支障をきたしている場合もあります。普段とは違って心身がつらいと感じることがあるのであれば、月経異常度が高い可能性もあり、治療が必要な場合もあります。最近はネットサイトでも、簡単に月経異常度チェックができるようになっているので、一度自分の生理習慣は正常なのか否かを調べてみることをお勧めします。また、経口避妊薬としても知られているピルは、このような月経に関する様々な問題を改善し、月経異常度を減らせる効能も認められているので、避妊対策だけではなく、生理に惑わされない、快適で明るい毎日を手に入れるためにも、上手に利用して見ましょう。経口避妊薬のピルは、日本のクリニックで処方されているものに関しては、ほとんどすべてのものが、海外の製薬会社が開発した医薬品になるので、個人輸入で手に入れる方法もあります。個人輸入といっても個人で直接買い付けるわけではなく、インターネット通販では、海外の医薬品を取り扱う個人輸入代行業者があるので、そういったお店を介せば、日本のネットショップで買い物をするのと何ら変わらず購入できます。ショップはもちろん、値段もすべて日本語表記になっているので、薬の買い間違いもありませんし、関税などの面倒な手続きも一切不要です。この方法だと日本のクリニックで処方してもらうよりも、格段に安く手に入れられるので、飲み始めにクリニックで指導を受けて慣れてきたら、少しでも毎月ピルにかかる経費を安く抑えるためにも利用してみてはいかがでしょうか。