日本ではコンドームを使用しての避妊方法が一般的ですが、アメリカやフランスなどでは避妊薬を使用した避妊方法が一般的なのだそうです。なぜ、避妊薬は日本で普及しないのでしょうか?

世界の避妊方法

カンジダと避妊ピルの関係性は低いのか?

カンジダというと性行為などにより感染してしまうため、一部の人間のみに関わりがあり一般的には馴染みが低い症状であると認知されています。
しかし、馴染みは低いものの実は誰もが既にカンジダを持っているのです。
カンジダというのは腸内において自然に発生している微生物のことで健康を保ったり食物を消化するために役に立つバランスの良いシステムです。
症状についてお話する時は、一般的に過剰成長に関してです。
実は今日になり、ようやく医学会においても認められるようになりました。
こうしたことから、現在のところ研究は限定的になっています。
ところが、多くの方々が医療や誤った生活習慣の原因が要因ではないかと考えているのが実情です。
カンジダが生じている要因として避妊用のピルが挙げられます。
胃というのは、非常に繊細な器官なので胃の活動を助けるために様々な微生物がいます。
中でもイースト菌は胃の働きをサポートし食物を消化するための役割をしています。
胃の中に存在している微生物というのは化学物質が入ってくると化学物質のバランスに依存するという特徴があります。
こうした特徴からピルを服用した際にはホルモンのバランスが乱れ胃の中における微生物のつり合いを崩すのです。
つり合いが崩れることにより、カンジダの異常な増殖がさらに促進され避妊用ピルはこのような増殖を手助けすることになるのです。
その理由は避妊用ピルの主成分のエストロゲンはイースト菌の成長を促す働きがあるためです。
実際に避妊用のピルを利用している女性の多くが服用と同時期にイースト菌による感染症にかかっているという実態があります。
また、ストレスも影響を与える要因になるためストレスを低く保つというのも大事なことです。